キッズ英会話の基礎知識について

言語はコミュニケーションツール

言語をコミュニケーションツールだと考える人もいますが、海外滞在歴の長い方々の中にはその意見には賛成する人が大半です。

また言語を「可能性」と表現する人もいるでしょう。これも間違いありません。

 

母国語以外の言語が使えれば・・・

その言語を母国語とする人々と関係を築く事も、

その言葉が使われている土地で、自分の新たな可能性を発見する事も出来ます。

つまり可能性の拡大といえるわけです。

 

そういった意味も含めて、子供に母国語以外の言葉を学習させたいという親御さんはここ最近非常に多く、特に英会話は必須言語とさえ考えられるほど日本では定着してきました。

ビジネスシーンでは、社内完全英語化を実現した国内外の企業も増加しています。

今回は、キッズ英会話学習の基礎知識と題して、子どもに英会話を学ばせる際にどのような点を抑えておけば最も効率的に、かつ短期間で習得できるかという点についてお話していきたいと思います。

 

英会話のとらえ方について

英会話を始めとした言語習得は、一般的に考えられているような高等技術ではありません。

わたしたちの誰もが日本語を話せるのと同じで「時間」と「学習」で誰にでも習得できるものだと考えてください。

英会話を始める時期について

英会話を始める時期についてはよく議論されていますが、当然のように始める時期が速ければ速いほど習得するスピードも速くなります。

 

わたしたちは通常多言語ではなく母国語だけの環境で育てられ大きくなります。

義務教育の過程で英語を学習するときも、母国語の日本語を主体として学習する人がほとんどです。和訳や日本語ベースで英語を考えるというのが日本式の英語学習法です。

英会話学習は始める時期が遅ければ遅いほど、脳は母国語主体で考えるようになり、新しい言語の習得スピードが下がります。

 

英語で考え学ばせる

上記の日本語ベースで英語や英会話を学習する方法は効率が悪く、習得率も遅いと言えます。バイリンガルレベルにまで行くのも不可能でしょう。

理由は英語の発音をカタカナで発音したり、英語しかない音を日本語にある音であてはめようとすると、どんどんネイティブからは遠のいていくからです。

ネイティブを真似る。これが英会話を習得させる最短距離です。

 

キッズ英会話はどのような勉強から始めるべき?

厳しく叱ったり、大量の教材を与えて強制的に勉強させたりしても逆効果なのは、そうやって育ってきたわたしたちが身を持って体験しています。

キッズ英会話なのでそこまでさせる人も稀でしょうが、一番効率よく学ばせる方法はやはり楽しく英会話する事です。

 

楽しければ子どもは自発的に学びたいと思いますし、堀江貴文氏も自身の著書で言われていましたが、

好きだから没頭するのではなく、没頭するから好きになる

のは間違いありません。

 

キッズ英会話をはじめる場合、効率や、将来的に有益かどうかではなく、英会話は楽しいという体験を子供にさせる事が一番の勉強だと思います。

下記で楽しみながら英会話を学べる方法をリストしていきますので、参考にしてみてください。

あくまで何に興味を覚えるか、何を楽しいと感じるかは個人差があるので、お子さんにあわせてベストだと思える選択肢を選んであげる事が親の役目ではないかなと思います。

 

子どもの気持ちを尊重する

楽しいはずの英会話が、ストレスになってしまっては本末転倒です。

たとえば、

人の輪の中に入るのが苦手な子を無理矢理アメリカンスクールに入れて英会話を習得させる・・・

というやり方はおそらくうまくいきません。子供にも自我があるので反発してしまいます。

 

友達と遊ぶのが好きな子なら、ネイティブの子どもたちと話せる環境を与えてあげて、一緒にゲームをさせたりすると、楽しみながら英会話を覚えていくはずです。

何からはじめるべきか?ですが、まずはいろいろなことを試してその子にあったやり方を見つけていく事からはじめましょう。

そうする事で、自分からどうしたいかという合図は教えてくれるはずです。

 

・音楽や英語の歌(読み書きは避ける)
・リズムをとるゲーム
・絵本
・好きなテレビ番組

などが一般的に入りやすいと言われており、視覚か聴覚で学習できるものが良いです。

お金をかけずとも、youtubeなどで幼児用の英語を聞く事も出来るので、活用していきましょう。

 

キッズ英会話はいつから始めたらいいの?

英会話をはじめとする言語の学習は、速ければ速いほど良いという事はお伝えしました。

理由は、母国語ベースで考える癖がなく、英語を英語で覚えていかなければ習得は難しいからです。

 

日本語で生活する期間が長ければ長いほど、日本語で英語を解釈する癖から抜け出せず、英会話習得の効率も悪くなります。

ただ、いつはじめたとしても遅すぎるという事はない事も理解しておいてください。

キッズ英会話学習をはじめる年齢について、下記もご参照頂ければ幸いです。

 

0歳〜2歳

英会話を外国語として考えない時期が、この0歳から2歳の期間だと言われています。英語は英語、日本語は日本語で覚える事が出来れば、英会話の発音もネイティブの音で拾えたり発音出来るようになります。脳の発達速度も著しいので、この時期が英会話を開始するベストなタイミングです。

3歳

3歳から英会話を学ばせる親も多いです。理由は、ゲーム感覚で英語を学ぶことが出来るため、楽しいから続くし、偏見や先入観がないため、ネイティブの発音や会話のフローをそのまま真似する事が出来るからです。3歳前後の子供の脳というのは、記憶する能力に乏しいとされており、記憶力を要する英会話力アップは望みにくいという意見もあります。

5歳

言語の混同が起きにくい時期が5歳前後と言われており、英語は英語、日本語は日本語と区別できるため、英会話習得の速度も速いと言われています。5歳から英会話塾などに通わせる親御さんも多くいらっしゃいます。5歳にもなると、文字を覚えたり、記憶力もついてくるので、英語の授業がはじまる小学校が始まる前の準備という事も考えると、5歳ではじめるのも良いでしょう。

6歳

小学校では英語の授業がはじまるので、この時期に英会話塾などを開始すれば、テストや授業でも良い結果が残せ、英会話を好きになれる可能性もあります。好きこそものの上手なれと言いますが、ここを上手にクリアできれば、将来にもつながる可能性があります。

 

年齢別にリストしてみましたが、どの時期でなければいけないという事はなく、自然に英会話が習得できるようにつなげてあげる事が最も良い判断です。

楽しくなければどちらにせよ続かないので、その点を意識してあげると良いでしょう。

 

キッズ英会話オンラインスクールの選び方


子供に英会話を学ばせようとする際選択肢として検討するのが、

オンライン英会話スクールに通わせるか

通学型英会話スクールに通わせるか

です。

結論から言うとどちらが正解と言うのはなく、

  • 自身の置かれている環境
  • 経済状況
  • お子さんの個性

に応じて選択するのが良いです。

選考基準として、それぞれの特徴を上げていきます。下記にリストする情報を元に決めていくと迷いは少なくなりますのでぜひご活用ください。

先生で選ぶ

子どもは真似するのが得意です。日本語を覚えるのも、親や周囲の大人を真似する事で気づいたら話せるようになっています。

英語や英会話も同じ方法で学習すると上達が早くなります。

東京で育った子供が標準語のアクセントで日本語を話すようになるのと同じで、なまりや癖のあるアクセントがある講師から英語を教わると、その子供はなまりのある英語を話すようになります。

そのまま真似するからですね。

 

キッズ英会話のオンラインスクールを選ぶときは、子供に教えることに慣れており、かつ綺麗な英語を話す先生がたくさんいる所を選ぶと良いでしょう。

また、英語には日本語にはない発音もたくさんあります。

舌の動かし方や、顔の表情筋の動かし方、ボディランゲージなど、感覚で学習しなければ理解できないものも多いです。

英語を英語で考える英語脳の作り方は、英語環境を作り出す事なので、英語を話すときはこの先生を丸ごと真似るという風にすると、最短距離で英会話を習得できるはずです。

値段よりも「楽しさ」で選ぶ

長期的に学習させるわけですから、コストパフォーマンスや料金自体を考えるのは当然です。

しかし、一番大事なのは何でしょうか?

子供に自分から英語を話したいと思ってもらう事ではないでしょうか?

 

キッズ英会話オンラインスクールを選ぶ場合に気を付けたいのが、楽しいかどうかという基準は非常に重要になってきます。

英会話をしている自分が好きと思わせられればもう勝ちです。

自発的に学ぼうとするので、英会話習得はあっという間でしょう。嫌々やっても絶対にうまくなりません。

キッズ英会話通学型教室の選び方

講師の質で選ぶ

やはり子供に何かを学ばせるときに最も重要になるのが、講師の質です。

良い先生に当たれば英語を好きになるのも早いですし、英会話の上達も早くなるのは間違いありません。

逆に悪い先生に当たれば、英会話自体を嫌いになってしまうことだってあるでしょう。

 

講師の選考の基準は、

  • 綺麗な英語を話すかどうか
  • 最終学歴
  • 資格の有無

などいろいろありますが、最も大事なのは無料レッスンなどで体験入学し授業が楽しいかどうかで選ぶと良いでしょう。

費用で決める

お金は無いけど何とかして子供の可能性を広げてあげたい。そのために英会話を学ばせたい。そう考えている親御さんもいるでしょう。

1番安いのはオンライン英会話ですが、今回は通学型がテーマなのでここでは割愛させていただきます。

 

オンラインスクールの次に安いのが、個人が運営する通学型英会話スクールです。

そして大手が経営する通学型英会話スクールの2つに分かれます。前者は講師が日本人の場合が多く、後者は教材が桁違いに高いところが多いです。

授業料金は、大手の場合は個人の倍かそれ以上は見ておいた方が良いでしょう。

また、テキスト代が高く、毎月の事なので継続していくのが辛くなります。高い教室になると1か月でテキスト代が数万円というところもありますので、事前によく説明を聞いてから入学するようにしてください。

通学型に通わせながらオンラインレッスンも受講という選択肢

オンライン英会話スクールは都合上省略しましたが、実はどちらかに絞ると言う選択肢だけではありません。

オンラインと通学、どちらも行かせるという方法もあります

 

理想は、子供が楽しく英会話を習得することにあるので、経済的にゆとりがあるのであれば両方行かして、常時英語に触れさせる環境というのを作ってあげると上達スピードも速くなります。